スポンサーサイト >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 悲運の営巣地 >>

インターネットは、良くも悪くも思わぬところに思わぬ影響がでるかもしれないので、いつもは撮影後しばらくたってから記事にするようにしています。
しかし今回の場合、少しでも多くの方に今の状況を知っていただくことが重要と考え、あえてリアルタイムに記事を書くことにしました。

実は今、近所の砂浜でコアジサシが営巣しています。数百羽規模のかなり大きなコロニーで、この辺りでは最大規模といっていいのではないかと思います。
ただ、このコロニー、現在深刻な問題を抱えているのです。 悲運の営巣地

写真を見ただけでは、一体何が起きているのかピンとこないかもしれませんが、実はこの砂浜、競走馬の訓練コースになっているのです。

強大な相手に向かって、必死にモビングするコアジサシをよそに、コロニーのどまんなかを競走馬が爆走していく様子は、あまりに痛ましくて見ていられません。

現在、宮崎大学の三浦教授が中心となって、宮崎市に対応を依頼しているところですが、なかなか思うような対策はとられていないようです。
とにかく、コアジサシ達が安心して子育てを続けられるよう、早急な対策が必要であることは、間違いないところです

(この営巣地の悲惨な状況を知っていただくため、あえて営巣中の写真を掲載しています。営巣に影響を与えないよう、十分な距離を保ち、細心の注意をはらって撮影しています。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimagureyacho.blog22.fc2.com/tb.php/18-f93e62d0

 | HOME | 

Profile

天然

管理人:天然

 厳しい自然の中でひたむきに生きる野鳥達の姿を通して、見てくれた人に何かを伝えることができたら嬉しいなぁ・・・。

標識調査について考えよう

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。