スポンサーサイト >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 マーカー設置 >>

宮崎大学農学部のご尽力により、コアジサシの巣にマーカーが設置されました。
このマーカー、今後の調査に役立てられるのはもちろんですが、もう一つ、一般の方に巣の存在を知らせるという効果も持っています。

この場所は、釣り人やサーファーなど、野鳥にはあまり関心のない方もよく立ち入るところなのですが、このマーカーがあることで、不用意に巣を踏み潰すといった事故が少しは避けられそうです。(このような目印でもなければ、なかなか巣の存在に気付いてもらえません)
また、こうしたマーカーのおかげで、コロニー中心部への立ち入りを遠慮し、わざわざ遠回りしてくれる方もいらっしゃるようです。

本当は、ロープ等でコロニーへの立ち入りを制限できれば一番効果的とは思いますが、ここを管理している県がまだ対応してくれない以上、現時点ではこうした対応だけでも多少は有効なように感じます。

一方、営巣への影響が一番深刻と思われる馬の訓練は、あいかわらず続いています。
市又は県を通じて、関係会社へは連絡がいっているはずなのですが、まだ実際の行動には結びついていないというのが現状のようです。

一刻も早く関係者の理解が得られるといいのですが・・・。
20070608191337.jpg


(この営巣地の悲惨な状況を知っていただくため、あえて営巣中の写真を掲載しています。営巣に影響を与えないよう、十分な距離を保ち、細心の注意をはらって撮影しています。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimagureyacho.blog22.fc2.com/tb.php/19-5be511e4

 | HOME | 

Profile

天然

管理人:天然

 厳しい自然の中でひたむきに生きる野鳥達の姿を通して、見てくれた人に何かを伝えることができたら嬉しいなぁ・・・。

標識調査について考えよう

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。